ボッタクリ水道業者の被害に遭った経験から学んだ「ビジネスの本質」

こんにちは、マクシミリアンです。

 

今日は、私が「ボッタクリ水道業者」の被害に遭った話をします。

 

 

今まで、そのようなボッタクリ被害に遭った事は、
あまりなかったので、貴重な経験と言えます。

 

その苦い経験から、ある「ビジネスの本質」を学びました(笑)

 

キッチン周りで「水漏れ」が発生!

私の家は、賃貸住宅なのですが、
キッチンの蛇口付近で水漏れが発生しました。

 

家が水浸しになる緊急性のある事態ではありませんが、
水漏れしている事は確かです。

 

どこから漏れているのか、よくわからない状態だったので、
大家さんに連絡して、水道業者を手配してもらいました。

 

 

すぐに水道業者は到着!しかし・・・

水道業者には、すぐに来てもらえましたが、
分解して原因を探ったところ、蛇口の老朽化で、
「オーバーホール」する必要があるらしいです。

 

業者は、大家さんに連絡して、
見積もりの話をしている模様。

 

業者と大家さんの電話が終わった直後、
すぐに私の携帯に大家さんから電話が掛かってきました。

 

 

大家さんの話では、オーバーホールするのに、
法外な値段を吹っ掛けられたらしいです(笑)

 

「蛇口を全交換する料金の3倍以上の値段を提示してきた」

 

という事で、点検料金だけ払うので、
蛇口を元に戻して、帰ってもらうという話でした。

 

 

よくある、悪質なボッタクリ水道業者

大家さんが言うには、この手のボッタクリ手口はよくあるらしい。

 

「水漏れ」という緊急性の高いものである事を利用して、
その場しのぎの対応を実施して法外な値段を請求する。

 

 

元々は、居住者である私の水漏れに早く対処しようとして、
大家さんがネットですぐに対応してくれる所に修理依頼をしました。

 

しかし、見積もり無料と謳っているのに、
有料で分解しないと見積もりできないと言われた時点で胡散臭かった模様。

 

 

大家さんの話だと、”存在しないはずの部品”の交換が必要だと、
水道業者が言ったらしく、信用できないと判断したようです。

 

大家さんはご立腹で、自分自らが修理に伺うと言ってました(笑)

 

 

ボッタクリ被害から学んだ「ビジネスの本質」

よく、「砂漠で水を売れば儲かる」という言葉があると思います。

 

水が欲しくてたまらない客に売れば、こちらの言い値で買ってくれる
という「ビジネスの本質」の話です。

 

ボッタクリ水道業者は、まさにそれを実践していると思い、
私は怒りではなく、むしろその手口に感心しました(笑)

 

 

私のは、ある種の「職業病」なのだと思いますが、
何があっても、ビジネスに生かせないかを考えてしまう(笑)

 

これは、コンサルタントになってから、
さらに酷くなりました。

 

ただ、この「職業病」のおかげで、
日常の全てがビジネスアイディアの宝庫となっていて、
非常に楽しい毎日を送れています。

 

 

まとめ

ボッタクリ水道業者の被害に遭った経験から学んだ
「ビジネスの本質」について書きました。

 

どんなネタでも、受け取り手の捉え方次第で、
アイディアにもなり得るわけです。

 

あなたは、私からの情報を本当に正しく受け取れていますか?

 

 

「安易な小手先のテクニックばかりを求めてませんか?」

 

このような安易な小手先のテクニックを求める方では、
おそらく、私からの情報を正しく受け取る事はできません。

 

小手先のテクニックのみだと、今後のオウンドメディアでは通用しない。

 

 

受け取り手の捉え方や、学ぼうとする姿勢によっても、
与えられた情報を生かせるかどうかは変わってくる。

 

“情報の捉え方”を少し変えてみて下さい。

 

そうすれば、今まで見えなかったものが見えるようになってきます。

オウンドメディアの無料メルマガ講座はこちら↓

オウンドメディアで戦略的アフィリエイト