「転売」が悪い理由を説明できますか?私は説明できます

「あなたは、転売屋は嫌いですか?」

 

私は、どちらかと言えば好きではないです(笑)

 

ですから、私自身が転売やオークションというビジネスは、
一切やってません。

 

 

ただ、きちんとしたショップでの
パソコンの「中古買取」などは、よく利用しています。

 

2台ノートパソコンを売って、2万円ほどで売却。

 

でも、ノートパソコンを2台売っても、
たった2万円にしかならないわけです。

 

購入金額と比べたら、明らかに赤字です(笑)

 

「転売屋」という職業は嫌われる

買った金額よりも、売った金額の方が安いのは、
一般ユーザーがいる末端の市場では当たり前です。

 

しかし、卸でもない末端の市場でありながらも、
買った金額よりも、売った金額の方が高いという
逆転現象を狙う輩もいる。

 

それが、「転売屋」という人達の手口です。

 

 

しかし、「転売」とか「オークション」などを生業として、
やっていくのは、相当に難しいと思います。

 

なぜなら、「転売」は自分が購入した金額よりも、
高い金額を設定して、末端のユーザーに売りつける手口です。

 

転売屋が提示する金額よりも、
安い金額で新品が売っており、購入するのは、
それを知らない「情報弱者のみ」だからです。

 

 

要するに、ユーザーを騙してお金を頂く行為であり、
私なら、罪悪感が働くので無理です。

 

付加価値も何もないのに、市場の適正価格よりも、
値段を引き上げて、暴利な商売をしていると言えます。

 

 

「転売」は需要と供給の歪みを悪用

普通に購入した商品を市場に流せば、
購入した金額よりも高い金額が付く事はありません。

 

しかし、それが可能となっている時点で、
「転売」は、需要と供給の歪みを悪用したビジネスだとわかる。

 

 

だから、「アンチ転売屋」という方達がたくさんおり、
世間からの印象も相当に悪いです(笑)

 

その煽りを受けてかどうかはわかりませんが、
転売とかオークションは、
規制がどんどん厳しくなってきている。

 

 

今こそ、規制のない「オウンドメディア」がお勧め

いろんな人に嫌われながらも、転売屋を続けるメリットが理解できない。

 

だから私は、「オウンドメディア」を推奨する。

 

売れ残って、不良在庫が発生するリスクもゼロで、
何百万円と稼ぐ事も可能なビジネス。

 

 

取り組むリスクが何もないという時点で、
相当に優れたビジネスモデルだと理解できるはずです。

 

リスクがあるとすれば、
それは、オウンドメディアに取り組まない事こそがリスクと言える。

 

 

もし、このオウンドメディアの価値を正しく理解できてないなら、
あなたは、相当に「ズレ」ていますよ。

 

これまで散々、私が説明してきたのに、
それすらも理解できないのは、致命的と言える。

 

下記の記事をご覧になって下さい。

オウンドメディアの無料メルマガ講座はこちら↓

私が毎月100万円稼ぐ秘密を教えます