Kindle出版のアカウント設定!著者・銀行口座・税に関する情報まで

いざ、電子書籍を出版しようと思っても、
ほとんどの方は「どうしたら良いのかわからない」となります。

 

まず、Kindleの場合ですが、
出版する為に、「KDPアカウントの設定」を行なう必要がある。

 

このアカウント設定が、非常に面倒くさい(笑)

 

 

KDPのマイアカウントから、

 

  • 著者/出版社情報
  • 支払い情報および銀行口座
  • 税に関する情報

 

これらの項目を全て入力していくのですが、
とにかくわかりにくい。

 

 

ですので、今回は「Kindle出版のアカウント設定」について、
詳しく解説をしていきます。

 

この「Kindle出版のアカウント設定」が終われば、
あとは、実際に電子書籍を出版するだけになります。

 

Kindle出版のKDPアカウント設定

Kindle出版のKDPアカウント設定について、
動画収録を行ないましたので、ご覧下さい。

 

 

  • 著者/出版社情報
  • 支払い情報および銀行口座
  • 税に関する情報

 

上記のKDPアカウント設定ですが、
内容や意味がわからない場合は、
とりあえず動画の通りに入力する事を推奨します。

 

KDPアカウントのサインインはこちら

 

 

日本語の住所を英語表記に変換するサービス

定住所を入力する際に、困るのが英語表記だと思います。

 

 

 

日本に住んでいたら、英語表記はまず使わないから困ります。

 

 

そこで、便利な日本語の住所を英語表記に変換するサービスを紹介します。

JuDress

 

こちらのサイトに、郵便番号などを入力して変換すれば、
いとも簡単に日本語表記の住所が英語に変換されます。

 

 

TIN(納税者番号)とは?

TIN(Taxpayer’s Identification Number)は、
米国の納税者番号の略称です。

 

TINは、納税申告や納税証明書、その他の税金関連書類の提出時に
記載する必要があります。

 

 

TINは、米国で不動産などの所得が発生する場合などに
必要となるようです。

 

また、海外銀行口座や海外FX口座などの開設の際に求められる
Tax ID(TIN、納税者番号)とは、マイナンバーの事らしいです。

 

 

まとめ

今回は「Kindle出版のアカウント設定」について、
詳しく解説をしました。

 

特に、「税に関する情報」の項目は意味不明な所が、
いっぱいあります(笑)

 

このあたりが、もっと簡単になれば、
KIndle本の出版は、もっと流行ると思います。

 

 

この面倒くさい「Kindle出版のアカウント設定」を終えれば、
ようやく電子書籍を出版する事ができるようになる。

 

 

ぜひ、あなたもチャレンジしてみて下さい。

 

どんな人でも、書籍を出版できるわけですから、
利用しない手はないと思います。

 

 

電子書籍を含めたコンサルはこちら↓

オウンドメディアの無料メルマガ講座はこちら↓

オウンドメディアで戦略的アフィリエイト