• 投稿 2018/06/06
  • 思考
記事に書くネタやアイディアが浮かばない!脳のスコトーマが原因です

ブロガーやアフィリエイターに多いのが、

「記事に書くネタやアイディアが浮かばない」という悩み。

 

そんな中、私が教材購入者からもらう質問で、

 

「どうやったら、そんなにアイディアが出てくるんですか?」

 

というのをよく聞かれます(笑)

 

 

確かに私は、「アイディア出し」や「閃き」に関しては、
誰にも負けない自信があります。

 

だから、あなたにもその方法を教えたいと思っている。

 

でも正直、これを理屈で説明するのは難しい。

 

 

「思考部分」を理屈で説明するのは簡単ではない

例えば、「近いうちに引っ越します」という言葉を聞いて、
どのくらいの期間で引っ越すかを考えてみて下さい。

 

「近いうちに」というのが、1ヶ月以内と思った人もいるし、
1年ぐらいと思った人もいるし、3年ぐらいと思った人もいる。

 

 

では、1ヶ月以内と考えた方に質問します。

 

なぜ「近いうちに」というのが、1ヶ月以内だと考えましたか?

 

その考えに至った流れを体系化して、理屈で教えて下さい。

 

 

どうでしょうか?

 

ほとんどの方がうまく説明できないと思います。

 

なぜなら、なんとなく感覚的に、
1ヶ月以内と思ったからではないでしょうか?

 

 

つまり、「アイディア出し」や「閃き」の思考部分は、
理屈で説明するのが困難なのです。

 

 

思考部分の「アイディアの生み出し方」を体系化

でも、今後も稼いでいく為には、
他人には思いつかない「アイディア出し」「閃き」
必要となってくる。

 

だから、私もどうしようかと考えました。

 

そこで、ひとつだけオススメできる教材があります。

コンテンツメーカーPERFECT(松井宏樹&平野久信)

 

 

この教材では、コンテンツを生み出す為のイロハが
満載の内容となっている。

 

「アイディア出し」や「閃き」の能力を磨くのに、
これ以上、適した教材はないでしょう。

 

 

書くネタがないという場合の記事作成や
どんな内容の講座にしようかという「企画」や「アイディア出し」など。

 

ありとあらゆる場面で、使えるノウハウとなっています。

 

 

この「アイディア出し」や「閃き」の部分は、
独自性を追求するオウンドメディア構築において、
絶対に必要な能力となります。

 

それを手に入れる為の最短ルートが、
この「コンテンツメーカーPERFECT」という教材になる。

 

 

そもそも「アイディア出し」とは何なのか?

おそらく、あなたは「アイディア出し」と言われても、
何の事やらわからないと思います。

 

アイディアとは、
模倣によらず単独で編み出した着想の事を言います。

 

企画や発想や想像などと似たような意味です。

 

 

アイディアというのは、何気ない日常に隠れている。

 

それを見つけ出して、言語化するなどして、
表現する行為を「アイディア出し」と呼びます。

 

 

それで、ほとんどの方が「アイディア出し」を苦手としている。

 

目の前の日常に、ネタとなる「アイディアの原石」があるのに、
気付かずに、普通にスルーして過ごしています(笑)

 

 

非常に、もったいない。

 

この「アイディア出し」が出来るようになれば、
ネタに困る事はなくなります。

 

 

記事にするネタを見つける事が出来ない方は多い

「記事に、何も書くネタがない」

 

そんな「アイディア出し」ができない
ブロガーやアフィリエイターが実に多い。

 

だから、コピペやリライトばかりする馬鹿が多いのでしょう。

 

 

あなたは、記事作成が進んでないのなら、
それは「アイディア出し」に原因があるのかもしれません。

 

目の前にあるネタから「アイディア出し」が出来ない事が原因で、
“ネタがない”という勘違いをした結果、
記事を書けない状態に陥っている。

 

 

しかし、私はあなたとは逆で、
むしろ、ネタがありすぎて手が追いつかない状態です(笑)

 

本当に、ネタが無限にあって、
いくらでも余裕で記事が書けます。

 

あなたは、記事の「ネタ探し」で苦労したくないはずです。

 

もし私のように、無限にネタやアイディアを出せる人間になりたいなら
この「コンテンツメーカーPERFECT」を入手して下さい。

 

 

目の前にネタがあるのに認識できない、スコトーマ(心理的盲点)

上記の教材を買えば、普段の日常に、
記事の「ネタ」が溢れている事を痛感すると思います。

 

 

人間には、「スコトーマ」と呼ばれるものがあります。

 

スコトーマとは、心理的盲点の事で、

人間は「自分が見たいもの(世界・情報)しか見えない」のです。

 

 

例えば、占いで今日のラッキーカラーは「黄色」というのを、
あなたは聞きました。

 

そうすると、街にある黄色の看板ばかりが目に入ってくる。

 

 

これは、脳がそれらの情報を優先して
キャッチするようになったからと言える。

 

普段なら、黄色の看板なんて気にもしないのに、
ラッキーカラーと聞いた事により、
脳がその情報を積極的に拾おうとしたのです。

 

 

逆に、青色の看板は全く認識しなかったと思います。

 

なぜなら、青色の看板はラッキーカラーでもないので、
自分にとって重要ではなく、興味がないからです。

 

だから、目の前にあったとしても全く気付かないのです。

 

 

これは、スコトーマ(心理的盲点)が原因と言える。

 

このような感じで、ネタが目の前にあっても、
人間は気付かない生き物なのです。

 

 

ただ、「だからネタが見つからなくてもしょうがない」
とは思いません(笑)

 

それを克服する方法があるからです。

 

 

それが、先ほどから紹介している
「コンテンツメーカーPERFECT」という教材。

 

 

同じものを見ていても、見えている世界が全然違う

スコトーマ(心理的盲点)のある人とない人では、
同じものを見ていても、見えている世界が全然違います。

 

例えば、同じ教材を使っているのに、
「稼げる人」と「稼げない人」が出てきますよね?

 

この場合、稼げないのはスコトーマ(心理的盲点)があり、
教材内容と違う、「ズレ」た事をしているのが原因です。

 

 

だから、「ズレ」ている方はいつまで経っても稼げないのです。

 

他の教材購入者は、言われなくても気付く事が、
「ズレ」ている方だけ、言われないと気付かない。

 

 

「ズレ」ている方は、スコトーマ(心理的盲点)があまりにも多すぎて、
得られる情報が非常に少なくなっている。

 

だから、教材内容を1割程度しか理解できない。

 

これでは、他の方との情報格差により、
圧倒的な報酬の格差が生まれて当然でしょう。

 

 

まとめ

記事に書くネタやアイディアが浮かばない!脳のスコトーマが原因です
という事で記事を書きました。

 

 

もし、あなたが
「アイディア出しに興味はない」と思ったなら、

 

それこそ、スコトーマ(心理的盲点)であり、
「アイディア出し」の正しい価値を理解してないのかもしれない(笑)

 

 

良いアイディアが思い付かないという悩みがあるなら、
この教材は、手にしておいて損はないと思います。

 

今後、あなたがプロとしてやっていくなら、
この教材はマストアイテムです。

コンテンツメーカーPERFECT(松井宏樹&平野久信)

 

 

関連記事はこちら↓

オウンドメディアの無料メルマガ講座はこちら↓

私が毎月100万円稼ぐ秘密を教えます