• 投稿 2019/02/07
  • 思考
「他人の時間を奪う人」とは、付き合うだけ時間の無駄でメリットなし

あなたは、「他人の時間」を奪ってませんか?

 

本当に最近、「人の時間」を無意味に奪う方が多い。

 

 

例えば、教材に答えを書いてある事なのに、
コンサル生がそれに気付かずに質問してくる(笑)

 

私からすれば「何で質問してきたの?」という感じです。

 

本来ならば、質問する必要がない事で、
「私の時間を奪った」という罪深い行為です。

 

 

なぜ、「人の時間」を奪う事ばかりしてくるのか?

 

実は、コンサルタントとして経験を積んだ事により、
私の中では答えが出ています。

 

簡単に言うと、「ズレ」ているから、
悪気なく「人の時間」を奪うというのが結論。

 

 

今回は、コンサル生を例に挙げて、
「人の時間」を奪うとは、どういう事なのかを考えていきます。

 

 

人の時間を奪う「手の掛かる方」は、「ズレ」ている

例えば、人の時間を奪う「手の掛かる方」というのは、
目の前に答えが書いてあるのに、平気で質問をしてくる方です。

 

「ズレ」ているから、目の前に答えがある事にすら気付かず、
当たり前に、「質問攻め」をしてきます(笑)

 

 

コンサルでこれをやられると、その方に100時間以上も
無駄な時間を費やす事になると経験上わかっています。

 

目の前にある、PDFや動画やメルマガなどを見ずに、
「質問攻め」というのは絶対にやってはいけない事です。

 

 

なぜなら、質問しなくても
「答え」は教材(目の前)に書いてあるからです。

 

この無意味なサポートに膨大な時間を取られると、
他のコンサル生のサポートにも支障が出てきます。

 

 

【時間の無駄】人の時間を奪う方の特徴

人の時間を奪う「手の掛かる方」が、
たった一人いるだけで、コンサルタントの負担は劇的に増える。

 

「ズレ」ているから、とんでもない事ばかりしてきて、
コンサルタントの時間を奪っていきます。

 

こういう他人の時間を奪って無駄にする人は、
以下のような事を平気でしてきます。

 

 

教材を読む前に質問してくる

教材を読む前に、意味のない質問をしてくる。

 

例えば、以下のような質問です。

 

  • サーバーはどこを使ったら良いか?
  • 1記事の文字数は?
  • 記事の書き方は?
  • キーワードはどうやって拾ってくるのか?
  • アドセンスはどうやって取得するのか?

 

これらは、教材を読めば答えが書いています。

 

つまり、この質問に答える事は時間の無駄でしかない。

 

くだらない質問をする時間があったら、
すぐにでも教材を読み始めたほうが結果は出る。

 

 

そもそも、教材を読む気がない

教材内容に基づいて、コンサルは進行していくわけです。

 

それなのに、教材を一切読もうとしない方がいる。

 

 

教材を読まずにZoomコンサルを受けるのは、時間の無駄です。

 

教材を読んでない方が相手だと、Zoomコンサルで
こちらがどれだけ説明しても、内容を理解できません。

 

 

「記事タイトル」にキーワードが入ってない

散々、教材内でキーワードが重要だと説明したのに、
上がってきた「記事タイトル」に、キーワードがひとつも入ってない。

 

SEOで上位表示を狙う以上は、キーワードを含める事が絶対条件。

 

 

それなのに、キーワードの入ってない記事を添削に出してくる。

 

これって、添削する意味があるのでしょうか?

 

あきらかに時間の無駄です。

 

 

コンサルタントにとっても、添削するのは時間の無駄ですが、
キーワードの入ってない記事を書く事自体が、時間の無駄です。

 

キーワードが入ってないと、検索で上位表示される事はないので、
この記事は、ずっと誰にも読まれません。

 

 

意味不明な質問をしてくる

何の事を言っているのか、全く意味がわからない質問をしてくる。

 

次のような特徴があります。

  1. 主語がない
  2. 具体性がない
  3. 誤字脱字だらけ

 

例えば、具体性がない質問で、
「WordPressの画面から、進めなくなったので助けて下さい」
というのは、一体どの画面の事なのかわかりません。

 

WordPressの画面は、作業段階によって何百種類とあるわけで、
どの画面の事を言っているのかわからないと、回答できません。

 

 

ログイン画面なのか、ダッシュボードなのか、記事投稿画面なのか?

 

この場合、まずどの作業の画面の事を言っているのかを探る為に、
何回もやり取りをする事になり、時間の無駄になる。

 

 

用事もないのに、Zoomコンサルを依頼してくる

何か質問があったり疑問があったりして、
それを解決する為に、Zoomコンサルを使うのは結構。

 

しかし、何の用事もないのに、
「とりあえず、Zoomコンサルして」は嫌がらせでしかない(笑)

 

 

前回、話した時から何も作業をしてない場合、
コンサルタントとしては、話す事が何もない。

 

なぜなら、何も作業が進んでないから、
前回と全く同じ事を今回もZoomで話す事になり、
時間の無駄になる。

 

 

指示された通りにやらない

コンサル生から質問や疑問を受けて、コンサルタントは回答する。

 

その回答通りにやれば、その質問や疑問は解決します。

 

しかし、ほとんどの方がその通りにやらない。

 

 

全然、違う事をしてきて、
「できない」とか「わからない」とか言ってくる。

 

コンサルタントの回答通りにやれば、
1分で解決する問題であっても、違う事ばかりやるから、
何十回とやり取りが発生し、解決するのに数時間かかります(笑)

 

これも、時間の無駄です。

 

 

まとめ

時間の無駄遣いに付き合うほど、私も暇ではありません(笑)

 

だから、人の時間を奪う「手の掛かる方」は、
コンサルに参加させたらダメですね。

 

 

まともに相手したら、1日に数時間とか奪われてしまう。

 

つまり、「時間泥棒」をされたのと同じです。

 

 

本人に悪気があってやってるのであれば、
その方を改心させる事ができれば、まだ直す事ができる(笑)

 

しかし、これのタチの悪いところは、
本人には悪気がないので、「人の時間を奪っている」自覚がない事です。

 

だから、何回注意しても直りません。

 

 

なぜなら、自分が「人の時間を奪っている」などとは、
夢にも思ってないからです。

 

人に与えられた時間は平等であり、
全員「1日は24時間」しかありません。

 

 

「時間泥棒」ばかりしている方は、
その貴重な時間を人から奪っている自覚を持ちましょう。

 

そうすれば、意味のない質問をしなくなりますし、
お互いに無駄な時間を使わなくて済みます。

 

 

心当たりのある方は、
下記にある動画を必ず最後まで視聴して下さい。