アフィリエイトで売れ筋案件が終了!最後は自分の商品を売るしかない

アフィリエイトで避けて通れないのが、
案件(プログラム)の終了です。

 

別に、売れてない商品ならば、
案件が終了しても、痛くも痒くもない(笑)

 

 

でも、もし売れ筋の商品が案件終了となったら、
それはアフィリエイターにとって、死活問題となる。

 

この場合、似たような案件に広告を差し替える方法で、
何とかなるかもしれません。

 

 

しかし、「商標キーワード」でサイトを作っていた場合は、
広告の差し替えもできず、そのサイトは存在価値がなくなります。

 

商標キーワードとは、「●●青汁」のように、
商品の名前などの商標を含めたキーワードの事。

 

その商品の案件が終了すれば、
「●●青汁」で検索エンジンからアクセスが集まっても、
売る商品(案件)がないので、サイトの価値がなくなる。

 

 

つまり、アフィリエイターにとって、
アフィリエイトで売れ筋案件の終了は、心臓に悪い出来事でしかない。

 

この問題を根本的に解決する方法は、ひとつしかありません。

 

芸能人とのタイアップ契約終了で、広告の貼り替えが必須

よく、アフィリエイトをしていると、

 

芸能人とのタイアップ契約が終了したので、
バナー広告を削除・変更して下さい。

 

上記のような事をASPから言われます。

 

この要求に応じないと、最悪の場合は、
報酬没収や提携解除となる。

 

 

本日も、「すっきりフルーツ青汁」という商品が、
人気モデル「ぺこ」さんとのタイアップが終了したので、
その広告は使わないで下さいというメールが来ました。

 

まあ、別に私はその商品を扱ってないから、
全然問題はありません(笑)

 

 

でも、この商品を扱っているアフィリエイターにとっては、
かなり大きな問題となる。

 

なぜなら、全ての広告を貼り替えないといけない
可能性があるからです。

 

 

その商品を扱っているブログがひとつならば、
そこまで大変ではないかもしれない。

 

でも、サイト量産系のアフィリエイトをしている場合は、
何百個とサイトを持っているわけです。

 

そのサイトのアフィリエイト広告のバナーを全て貼り替えるのは、
骨が折れます(笑)

 

 

最終的には「自分の商品」を作る事を推奨

私は、アフィリエイトを推奨していますが、
こういう面倒くさいしがらみがあるので、
最終的には「自分の商品」を作る事を推奨しています。

 

「自分の商品」ならば、何の影響も受けませんし、
やりたい放題できるわけです(笑)

 

 

でも、自分の商品を作るのは大変ですよね?

 

いきなり、「自分の商品」を作れと言われて、
作れる人間は、まずいません。

 

 

だから、最初はアフィリエイトをしながら、
売れる商品の特徴だったり、ユーザーのニーズなどを
勉強する必要があります。

 

その中で、自分にしか提供できないものが見えてきて、
「自分の商品」を作る事が可能になる。

 

これは、「自分の商品」が物販系(サプリ・化粧品)でも、
情報商材(PDF・音声・動画)でも同じです。

 

 

つまり、「自分の商品」を作るところまで来るのに、
結構な時間が掛かります。

 

早くても、数ヶ月は掛かるでしょう。

 

 

最速で自分の商品を作りたいなら「電子書籍」

そこで、私が推奨しているのが「電子書籍」です。

 

「電子書籍」なら、数日で出版できてしまいます。

 

 

この「電子書籍」も、広義では「自分の商品」と呼ぶ事ができる。

 

出版するだけなら、そこまで難しくなくて、
ブログ記事を書ける方なら、誰でも「電子書籍」を出版できます。

 

 

しかし、この「電子書籍」の収益だけで、
何十万円と稼ぐ事は不可能に近い。

 

でも、この「電子書籍」を使って、
何百万円と稼ぐ方法もあるのです。

 

 

この方法は、「机上の空論」ではなく、
私が実際に結果を出した方法ですので、再現性は高い。

 

それを実現するのが、以下の商品です。

↓↓↓

無名からの最速ブランディングメソッド~ネット上の看板と名刺を作りませんか?~

 

 

 

「電子書籍」という自分の商品を作る事で、
あなたはブランド化されます。

 

そうすれば、あなたのビジネスは軌道に乗り、
「見込み客」から、商品を売ってくれと言われるようになる。

 

 

アフィリエイトでは、うまくいかなかったけど、
「電子書籍」を出版する事で、成功者となった方もいます。

 

「電子書籍」に限らずですが、「自分の商品」を持つ事は、
今後、さらに重要となるでしょう。

 

最終的には、「自分の商品」を持つ事を視野に入れながら、
アフィリエイトに取り組む事を私は推奨します。