イケダハヤトさんの「ブログがオワコン」という炎上商法のカラクリ

イケダハヤト(池田勇人)さんを知ってますか?

 

言わずと知れた、オウンドメディア界の重鎮です。

 

月収1000万円以上を稼ぐ、トッププレイヤーのひとり。

 

 

この方の手法は、「炎上商法」と揶揄されています。

 

しかし、それは物事の表面しか見えてない人間の
意見だと思います。

 

今回は、イケダハヤトさんの
「ブログがオワコン」という炎上商法のカラクリ
について、解説をします。

 

ブログがオワコンである5つの理由

イケダハヤトさんが、YouTubeを始めていて、
面白い動画が上がっていました。

 

プロブロガーが解説!ブログがオワコンである5つの理由

 

 

なかなか面白い考えであり、この動画は、
計算によって作られ、他者と「差別化」されています。

 

ブログをやっている人間が誰も言わない事を言っているわけです。

 

 

だからこそ、「独自性」が生まれ、
他者と圧倒的な差別化がされます。

 

そして、「唯一の存在」として信者の方も集まるわけです。

 

 

炎上するのは、織り込み済み

この動画を公開すれば、炎上するとわかっていて、
あえて、この動画を作ったのだと思います。

 

でも、実はそこにイケダハヤトさんのメッセージが隠れています。

 

 

この動画が炎上するのは、そもそもおかしい。

 

イケダハヤトさんの「アンチ」や「やっかみ」連中が
騒ぐから炎上するわけです。

 

だから、そういう読者に対して、
「この動画で炎上しなかったら合格」的なメッセージが、
この動画には、込められている。

 

 

つまり、「アンチ」や「やっかみ」連中は、
我慢できるか、イケダハヤトさんに試されたわけです。

 

そして我慢できずに、まんまと乗っかってしまい、
予想通り、炎上したというわけです(笑)

 

 

相当に頭の良い方で、全部計算でやっています(笑)

 

恐るべし才能の持ち主。

 

 

「ブログがオワコン」について、私の見解

以下は、私(マクシミリアン)の見解になります。

 

「動画」というのは、目次(見出し)がないから、
全部を視聴しないと全体像が見えません。

 

その動画を見るべきなのかどうかが、
結局、動画を最後まで全部見ないとわからない。(デメリット)

 

 

しかし、テキスト主体の「ブログ」なら、
「飛ばし読み」みたいな感じでも、全体像を掴めます。

 

その上で、自分に関係がありそうだから、
記事を最初から読むという選択肢もあります。(メリット)

 

 

でも、結論を言うと、
動画だからとかブログだからというのは意味がない。

 

最近は、ブログの中にコンテンツとして、
動画が入っているのは当たり前になっています。

 

「媒体」としての境界が曖昧になってきている。

 

 

重要なのは、情報を発信できる
「自分の媒体」を持っているかどうかです。

 

つまり、自分の媒体を持つ事が重要で、
それが、YouTubeだろうがブログだろうが、
大した問題ではないと思っています。

 

動画で話すのが得意な方は、YouTubeをやれば良いし、
記事を書くのが得意な方は、ブログを書けば良い。

 

 

また、動画だけでは伝えにくい事も、
テキスト(文章)なら伝わる事もあります。

 

そして、その逆パターンもある。

 

「適材適所」という言葉がありますので、
その情報を読者に伝えるのに、どの媒体が適しているか?
を考えて、その都度使う媒体を選べは良いと思いますよ。

 

私も、伝える内容に応じて媒体を使い分けています。

 

 

現段階では、多種多様な読者の検索ニーズに

「動画」のみでは対応できません。

 

動画では、「動画タイトル」と「メタタグ」ぐらいでしか、
引っ掛からないので、読者の求める動画が
ピンポイントで出てくる可能性は低いです。

 

 

反対に、ブログの場合は「記事タイトル」と「見出し」と

「記事本文」と「メタタグ」などでも引っ掛かるので、

検索ニーズに近いものがピンポイントで出てくる可能性が高い。

 

動画の内容(喋っている内容)をAIが理解して、
検索結果に反映できるようにならない限りは、
テキスト主体のブログの優位性は変わらないと思っています。

 

 

まとめ

イケダハヤトさんは、頭が良いですよね(笑)

 

オウンドメディアの先駆者という感じなので、
私も注目している人物です。

 

 

ただ、イケダハヤトさんが言ったから全部が正しいわけではなく、
「ブログがオワコン」というのは、違うと私は思っています。

 

そもそも、イケダハヤトさんは、
「ブログが終わった」という意味では、言ってない気もします。

 

言葉をそのままの意味で、受け取ってはいけません。

 

メッセージというのは、別の所に隠れている可能性もある。

 

 

「このブログ運営者が、本当に伝えたい事は何なのだろう?」

 

という視点で、ブログを読めば、
また違った何かが見えてくるかもしれません。

 

これが出来る人間は、ビジネスでも必ず成功します(笑)

オウンドメディアの無料メルマガ講座はこちら↓
アフィリエイター・個人起業家・店舗経営者に、

私が毎月100万円稼ぐ秘密を教えます

★無料レポートをプレゼント中★