アメブロがアフィリエイト禁止から商用利用可能に!2018年の規約変更

今まで、アメーバブログでは、
「商用利用禁止」という規約がありました。

 

しかし、2018年12月25日(火)より、
Ameba利用規約の改訂に伴い、アメーバブログ上での
アフィリエイトを含む、商品の販売・宣伝が可能になりました。

 

アメーバブログ商用利用ガイドライン

 

 

しかし、「これで、アメブロをメインで使える」
と思った方は、注意が必要です。

 

アメブロで、本当に濃い読者を集客できるでしょうか?

 

今回は、アメブロの問題点について書きます。

 

【2018年の規約改定の要点】アメブロの商用利用が可能に

●改訂に伴い、以下のような事がアメブロで可能になります

  • 商品画像などを掲載し、販売・宣伝をする
  • ECサイト、フリマサイトなどのリンクを掲載し、商品を宣伝する
  • 開催しているセミナーなどを宣伝する

 

●アフィリエイトサービスのご利用

  • 自身の体験を元に感想や考察を交えながら商品を紹介することができます

 

また、Ameba公式アフィリエイトの
Rakutenアフィリエイト、ユニクロ、Amazonだけでなく、
以下のアフィリエイトを利用可能になりました。

 

■提携アフィリエイトサービス

  • A8.net
  • VALUE COMMERCE(バリューコマース)

 

■推奨アフィリエイトサービス

  • ADVack (アドバック)
  • AFRo (アフロ)
  • Amazonアソシエイト
  • BannerBridge (バナーブリッジ)
  • ChallengingJapan(チャレンジング・ジャパン)
  • JANet(ジャネット)
  • Linkage(リンケージ)
  • LINKSHARE(リンクシェア)
  • monetrack (マネートラック)
  • Rakutenアフィリエイト(楽天アフィリエイト)
  • Smart-C(スマートシー)
  • TGアフィリエイト
  • Zucks Affiliate

 

 

アメブロを使うデメリット!集客が難しい

アメブロは、検索エンジンで上位表示できないという
致命的な弱点がある。

 

だから、アメブロに集客するのに、
アメブロ以外の媒体から集客する必要があります。

 

集客するのに、FacebookやTwitterなどを使う事になり、
二度手間や三度手間になってしまう。

 

 

もはや、アメブロは「ブログ」という媒体ではなく、
「SNS」という媒体になっています。

 

しかも、利用者は一般の方ではなく、
ほとんどが業者です。

 

自動ツールを使って、ペタを押したり読者登録をしています。

 

 

つまり、アメブロで純粋に交流している一般の方を
ほとんど見かけた事がない。

 

アメブロは、「SNS」という媒体でありながら、
周りは業者だらけという、集客の難しい媒体になっている。

 

 

無料ブログの宿命?余計な広告が付く

アメブロは、無料ブログですので、
運営会社である、サイバーエージェントは、
どこかで収益化する必要があります。

 

そのひとつが、広告(アドセンス)収入です。

 

 

ですから、アメブロの場合、
広告が強制的に表示されてしまいます。

 

自分の商品やサービスを売る際にも、
かなり邪魔な広告が常時表示されるのは、
大きなデメリットです。

 

 

アメブロでは、アドセンスが使えない

「GoogleAdsenseは利用できません。」
と、Ameba利用規約に書いています。

 

しかし、月額980円の有料プランに申し込む事で、
アドセンスが一応可能なようです。

 

 

但し、アドセンス代行プログラム経由のコードのみ
貼る事ができ、収益の20%は差し引かれる模様。

 

アメブロでアドセンス広告を貼る費用として、
「月額980円」+「代行会社に収益の20%」が掛かってしまう。

 

 

Ameba利用規約にも違反する事になりますし、
これだけ悪条件だと、アドセンスを使うメリットがない。

 

結論としては、アメブロでアドセンスは不可能と言えます。

 

 

アメブロでは、社会的信用がない

例えば、会社のホームページが、
無料ブログのアメブロで作ってたら、どう思いますか?

 

明らかに、その会社を信用する事は難しくなります。

 

無料ブログは、料金の支払いもないので、
偽名でも登録できてしまいます。

 

そんな無料ブログで、会社のホームページを作っておいて、
「信用して下さい」と言われても、信用できません(笑)

 

 

ブログやホームページというのは、その人や会社の顔となります。

 

ネット上の看板や店舗と同じだと思って下さい。

 

それをお金を払いたくないからという理由で、
無料ブログで運営していたら、それは信用されないと思います。

 

 

月々1000円も払いたくないほどのケチなのか?
あるいは、それも払えないほど商売がうまくいってないのか?

 

上記のような疑念を読者に持たれてしまいます。

 

 

アメブロを運営するリスク

もし、お手軽だからという理由で
アメブロを運営するなら、リスクを理解しておきましょう。

 

私の知り合いは、アメブロで読者1万人集めたのに、
運営側にアメブロを削除されて、泣いてました(笑)

 

 

せっかく、苦労して集めた1万人が、
運営側の独断で削除されるわけです。

 

考えただけでも、このペナルティは恐ろしい。

 

 

「WordPress」でブログを作れば、削除されない

だから、私は「WordPress」でブログを作る事を推奨する。

 

「WordPress」で作成したブログであれば、
運営側に削除される事もありません。

 

 

「WordPress」でブログを作る事は、
敷居が高いと言われますが、そんな事はないです。

 

手順通りにやれば、誰でも
「WordPress」でブログを作る事ができるようになります。

 

 

ですが、初心者は何をどうやったら良いのか、
わからないと思います。

 

「WordPress」でブログを作る手順については、
私が、無料レポートにまとめました。

 

メルマガ登録者限定で、プレゼントしていますので、
ぜひ、メルマガ登録をして下さい。

 

↓↓↓

メルマガ登録はこちら

 

 

アメブロで稼ぐのは難しい

いくら商用利用ができるようになったとは言え、
アメブロをメインで使う事は推奨できません。

 

制約が多すぎますし、集客媒体としても、
検索エンジンで弱いのもあり、微妙な感じがします。

 

 

私も、過去にアメブロを運営していましたが、
アメブロであるというだけで、アドセンスも貼れないし、
収益化でかなり苦戦しました。

 

WordPressなら、アドセンスを貼るだけで、
「簡単に収益化ができたのに・・・」
という後悔が、いまだにあります(笑)

 

 

「何であの時、WordPressで作らなかったんだろう?」
となる可能性が高いので、最初からWordPressを使う事を推奨する。

 

「WordPress」でブログを作ったほうが、
稼ぐのは、圧倒的に簡単だと断言できます。

 

「WordPress」でブログを作る手順は、
メルマガ登録した方にだけ、プレゼントしています。

 

ぜひ、WordPressのブログ作成にチャレンジしてみて下さい。

↓↓↓

オウンドメディアの無料メルマガ講座はこちら↓
アフィリエイター・個人起業家・店舗経営者に、

私が毎月100万円稼ぐ秘密を教えます

★無料レポートをプレゼント中★