WordPressの有料テーマでLPを作るなら、レスポンシブ対応「Uridas」

WordPressの有料テーマで簡単に凝ったLPを作るなら、
レスポンシブに対応する「Uridas」が良いかもしれない。

 

 

これまで商品を売る為のランディングページは、
ヘッドコピー、リードコピー、サブヘッド、ボディコピーの文章に、
さらに装飾や画像や動画などを入れるのが通例でした。

 

ここに、FAQや利用者の声などをデザインが崩れないように、
制作しないといけません。

 

 

そうなると、もはや素人が作るのは無理です。

 

この商品を売る為のランディングページを作るのに、
非常に特化したWordPressの有料テーマが「Uridas」です。

 

誰でも簡単にLPが作成できる

今まで、デザイナーなどに依頼しないといけなかった、
ランディングページ(LP)が、誰でも簡単に作れます。

 

コスト削減、そして時間削減となる「Uridas」は、
Webマーケッターご用達のWordPressのテンプレートとなっている。

 

 

私も、別のブログでこのテンプレートを使っています。

 

その特徴としては、「Visual Composer」による
直感的操作ができるところだと思います。

 

確かにいろいろできますし、面白いテンプレートだと思う。

 

 

LP以外のデフォルト設定の問題点

しかし、LP以外の部分でデフォルト設定に問題があり、

サムネイル表示などがおかしくなる。

 

変更方法もわかりにくいので、初心者にはオススメできません。

 

マイナーなテンプレートの宿命ですが、
解決方法がネットで見つけられず、絶対につまずくと思います。

 

 

事実、私も相当に苦戦して、
テンプレートの製作者に聞いたりして何とか解決。

 

デフォルトの設定を変更しないと、いろんな問題が生じます。

それをひとつずつ説明します。

 

記事一覧のサムネイル画像が大きすぎる、左に寄る

記事一覧のサムネイル画像が相当に大きく、
縮小しないと閲覧性と見た目が悪くなります。

 

また、記事一覧のサムネイル画像が左に寄ります。

 

【解決手段】

Uridas: content.php (templates/content.php)

 

上記にアイキャッチの縮小表示を加えて、centerタグにて中央寄せする

 

個別記事のサムネイル画像が左に寄る

個別記事のサムネイルが左に寄ってしまう。

 

【解決手段】

Uridas: content-single.php (templates/content-single.php)

 

上記にcenterタグを加える事で中央寄せする

 

アドセンス広告が左に寄る

アドセンス広告を記事上および記事下に挿入すると、
アドセンス広告が左に寄る。

 

【解決手段】

Uridas: content-single.php (templates/content-single.php)

 

下記の箇所に、アドセンス広告を貼り付けて、
黄色マーカーのタグを挿入すると中央寄せになる

 

カスタマイズ用CSSがない?

自分の好きな「見出しタグ」とかを使いたいのに、
カスタマイズ用CSSがありません。

 

【解決手段】
プラグインの「Simple Custom CSS」を導入します。

 

まとめ

簡単に凝ったLPを作るなら
レスポンシブに対応する「Uridas」は最適かもしれません。

 

しかし、LP以外の個別記事や記事一覧では、
デフォルト設定から変更する必要があるのに、
変更の仕方がわからないと思います。

 

その問題解決に相当な時間を費やしました。

 

 

問題が解決した後は、快適ではありますが、
知識のある中級者以上が使うテンプレートだと思います。

 

何も知らない初心者は、手を出すのを辞めた方がいいです。

 

 

私としては、下記の「カエテンWP-JOY」が一番おすすめできます。

「カエテンWP-JOY」の評価レビュー!アフィリエイトに相性抜群

「カエテンWP-JOY」の評価レビュー!アフィリエイトに相性抜群

あなたは、WordPressのテンプレートは何を使っていますか?無料から有料まで、いろんなテンプレートありますが、私が、一番オススメするのが「カエテンWP-JO ...

投稿 2017/06/10

メルマガ登録はこちら↓

オウンドメディアで戦略的アフィリエイト