• 投稿 2018/02/24
  • 決済
「インフォカート」発行者(販売者)の登録方法

自分の情報商材などの商品を売る場合、
決済などのいろいろな問題が生じます。

 

それを全て解決するのに有効なのが、情報商材系のASPです。

 

 

その中でも、決済手数料が安く、
サポートも信頼できるのが「インフォカート」です。

 

私も近々、情報商材を一般販売するので、
「インフォカート」をメインで使う予定。

 

 

そこで、今回は
「インフォカート」発行者(販売者)の登録方法
について、詳しく解説を行ないます。

 

「インフォカート」発行者(販売者)の登録方法

「インフォカート」発行者(販売者)の登録方法について、
動画収録を行ないましたので、ご覧下さい。

 

インフォカートのトップページ

 

 

 

YouTubeでの視聴はこちら

 

 

本人確認書類のアップロードでエラーが起きた時の対処法

本人確認書類のアップロードでエラーが表示される時があります。

 

 

アップロードするファイル名は、半角英数字で、
12文字以内にして下さい。

 

そして、ひとつのファイルサイズは5MB以内にします。

これで、エラーは回避できるはずです。

 

 

個人事業主での発行者登録

登録者情報を記入する際、個人ではなく、
「個人事業主」として登録する場合の注意点があります。

 

登録者情報の記入時

  • 法人名は空欄にする
  • 姓の項目に「屋号」を記入
  • 名の項目に「氏名」を記入

 

例えば、屋号が「マクシミリアン」で、
氏名が「山田太郎」の場合、

 

姓に「マクシミリアン」
名に「山田太郎」と入力します。

 

 

本人確認書類の提出時

  1. 運転免許証などの本人確認
  2. 開業届の個人事業主確認
  3. 住所確認のための登録住所へ郵送物の送付
  4. 登録電話番号への受電確認

 

登録電話番号への受電確認までの全てが完了しないと、
商品の販売はできません。

 

 

インフォカートより、PayPalで独自決済した方が安い?

これについては、その通りです。

 

確かに、PayPalの方が決済手数料が圧倒的に安い。

 

【クレジットカード決済の手数料比較】

インフォカート:8.1%+95円(税別)

PayPal:3.6%+40円

 

しかし、PayPalでは全て自分で対応する必要があります。

 

決済関係の未払いトラブルが起きた時など、
販売者自身で、解決しなくてはならない。

 

ですので、そういうサポート面においては、
圧倒的に、インフォカートの方が優れている。

 

 

例えば、ユーザーが分割決済で購入した分も、
インフォカートなら、販売者に一括で支払われる仕組みになっている。

 

つまり、販売者側としてみれば、
料金の回収漏れが発生しません。

 

これほど、心強い事はないと思います。

 

 

PayPalの独自決済については、下記を参考に!

 

 

インフォカートなら、アフィリエイターへの報酬支払いも簡単

また、インフォカートなら、
アフィリエイターへの報酬支払いも簡単にできる。

 

独自のアフィリエイトセンターを運営した場合、
アフィリエイターへの報酬の支払いなどが非常に面倒で、
とにかく作業が多すぎます。

 

 

それらのわずらわしい作業を、販売者が行なう必要がなくなるので、
時間というものを捻出できる。

 

これらのメリットが、情報商材のASP「インフォカート」にはある。

 

 

まとめ

「インフォカート」発行者(販売者)の登録方法
について、詳しく解説をしました。

 

情報商材系のASPの中では、一番良心的だと思います。

 

 

今後、独自の情報商材を販売する方は、
この「インフォカート」での販売も視野に入れた方が良いでしょう。

 

ぜひ、登録してみて下さい。

 

 

インフォカートに自分の商品を登録する方法はこちら↓

 

 

PayPalの独自決済については、下記を参考に!

オウンドメディアの無料メルマガ講座はこちら↓

オウンドメディアで戦略的アフィリエイト