• 投稿 2018/04/27
  • 外注化
クラウドワークスで外注から仕事が納品!発注者による検収と評価

前回、クラウドワークスで仕事を依頼する流れで、
募集して相談から契約までを解説しました。

 

 

それで、外注さんと契約したら、
もう発注者の仕事は終わりかと言うと、そうではありません。

 

契約内容に則った仕事が納品されますので、
そこからは、発注者の仕事になります。

 

 

今回は、クラウドワークスで外注から仕事が納品された後の
発注者による検収と評価
について解説をします。

 

まだ、クラウドワークスを利用した事がなく、
どんな流れで、納品されるのかわからない方には、
参考になると思います。

 

クラウドワークスで外注から仕事が納品!発注者による検収と評価

クラウドワークスで外注から仕事が納品!発注者による検収と評価
について、動画収録しましたのでご覧ください。

 

 

YouTubeでの視聴はこちら

 

 

次の仕事の依頼も考え、外注と良い人間関係を築いておく

仕事のできる優秀な外注さんに、お礼のメールなどを送っておくなどは、
今後、仕事をする上で重要です。

 

次に仕事をお願いする際、仕事を受けてもらいやすくなりますし、
こちらの無理難題にも、答えてくれるかもしれません。

 

外注さんと良好な人間関係を築いておく事が重要です。

 

 

クラウドワークスの外注には、納品後の修正などは優しめにする

クラウドワークスなどで、仕事を受注する外注さんは、
20%という手数料を運営に持っていかれている。

 

つまり、実際にはかなり安い報酬で仕事を受けています。

 

そのような外注さんに対し、なんだかんだと細かい修正を要求するのは、
さすがに酷だと思います。

 

ですから、多少は甘めに検収しても良いのではないでしょうか?

 

 

クラウドワークスでは、外注に悪い評価は付けない方が良い?

外注さんが納期遅れや約束を守らない場合は、
悪い評価もやむなしですが、
そうでなければ、悪い評価を付けるのは推奨できません。

 

発注者が悪い評価を付ければ、
仕返しで外注さんも悪い評価を付けてきます(笑)

 

 

発注者は、そんな嫌がらせの評価など気にしないかもしれませんが、
仕事を受注する外注さんは、発注者の評価を気にします。

 

ですので、なるべく仕事を受注する外注さんと揉めないようにしましょう。

 

 

外注を募集する時、発注者の評価が重要になる。

もし、仕事の発注者であるあなたに、
悪い評価がたくさん付いていたら、どうですか?

 

その評価を見た外注さんは、仕事を受けるのをためらうと思います。

 

その評価が嫌がらせなのか真実なのかは、
外注さんにはわからないわけで、
そういう悪い評価のない発注者の仕事を受けるのは自然な事です。

 

 

ですので、今後長く発注者としてやっていくなら、
悪い評価が付くのは避けるべきです。

 

そうしないと、ろくな外注さんが集まらなくなる(笑)

 

なぜなら優秀な外注さんは、良い評価の発注者の方に応募し、
悪い評価の発注者の方には応募しないからです。

 

 

まとめ

クラウドワークスで外注から仕事が納品!発注者による検収と評価について、
詳しく解説をしました。

 

私も、今回初めてクラウドワークスで外注を募集したわけですが、
奇跡的に優秀な外注さんと出会う事ができました。

 

でも、中にはコピペ記事を納品してくる外注がいたりする。

 

 

そのようなろくでもない外注に当たって、
苦労している方も複数知っています。

 

私は、たまたま運が良かったのかも(笑)

 

 

あなたが外注をお願いするなら、良い方と出会える事を祈るばかりです。

 

私が今回、使ったのはクラウドワークスです。

 

興味のある方は利用してみて下さい。



 

下記の関連記事も読んでみて下さい。

オウンドメディアの無料メルマガ講座はこちら↓

私が毎月100万円稼ぐ秘密を教えます