メルぞうプラチナ会員に登録し、発行者アカウントを取得する方法

無料レポートと言えば、「メルぞう」が一番有名だと思います。

 

でも、「メルぞう」では発行者アカウントがないと、
無料レポートの発行ができません。

 

 

この発行者アカウントを手に入れるには、
特殊なルートを除き、「メルぞうシルバー会員」
「メルぞうプラチナ会員」に登録するしかない。

 

「メルぞう」では発行者アカウントを取得すれば、
あとは、無料レポートを量産して、
メルマガ読者を増やす事も可能となります。

 

 

だから、「メルぞう」の発行者アカウントを取得しましょう。

 

それでは、今回は「メルぞうプラチナ会員」に登録し、
発行者アカウントを取得する方法について解説します。

 

「メルぞうプラチナ会員」に登録して発行者アカウント取得

まず、下記より「メルぞうプラチナ会員」に登録して下さい。


メルぞうプラチナ会員

 

 

詳しい登録手順と発行者アカウント取得方法を
動画に収録しましたので、ご覧下さい。

 

 

「メルぞうプラチナ会員」の特典

 

【特典1】メルぞうの発行者登録

 

【特典2】電子書籍のXam(ザム)の発行者登録

 

【特典3】メルぞう通信で無料レポートを紹介

 

【特典4】Xam通信で無料レポートを紹介

 

【特典5】エマックス通信で無料レポートを紹介

 

【特典6】レポートが非掲載になった時の個別対応

 

【特典7】レポートを週2本まで申請可能に

 

【特典8】公式メルマガ執筆者へレポートを自薦する権利

 

【特典9】メルぞうTOPの「おすすめコーナー」へレポートを自薦する権利

 

【特典10】XamTOPの「おすすめコーナー」へレポートを自薦する権利

 

【特典11】メルぞう通信のイチオシ版にレポートを自薦する権利

 

【特典12】Xam通信のイチオシ版にレポートを自薦する権利

 

【特典13】公式ブログにレポートを自薦する権利

 

【特典14】e-Book通信にレポートを自薦する権利

 

【特典15】メルぞうプラチナ会員をアフィリエイトする権利

 

【特典16】Xamピックアップを会員価格で

 

「メルぞう」の発行者アカウントを取得後に退会も可能

「メルぞう」発行者アカウントを取得後に、
退会したとしても、発行者アカウントは維持されます。

 

ですから、1ヶ月ほど試してから、
「メルぞうプラチナ会員」を退会するのもありです。

 

 

でも、かなりお得なサービスですから、
継続する方が私は良いと思います。

 

まとめ

数多くの無料レポートスタンドがある中で、
最も登録しておくべき所が「メルぞう」だと思います。

 

やはり、利用者も多いので、
信頼性はトップではないでしょうか?

 

 

メルマガの読者増に苦戦しているなら、
迷わずに契約する価値はあるサービスだと思います。

 

メルぞうプラチナ会員

 

メルマガ登録はこちら↓

オウンドメディアで戦略的アフィリエイト