プラグイン「BackWPup」の使い方!バックアップと復元までを解説

サイトを「SSL化する方法」は、以前に記事を書きました。

 

既存のWordPressサイトをhttpsにSSL化した方法!初めての方は必見

既存のWordPressサイトをhttpsにSSL化した方法!初めての方は必見

最近、よく聞く「サイトのSSL化」ですが、面倒くさくてやってない方も多いと思います。かく言う私もその一人です(笑)いつかやらないといけないのは、わかっているけど ...

投稿 2017/10/30

 

しかし、肝心のバックアップの取り方については、
詳しく解説をしませんでした。

 

 

ですので、今回はWordPressのバックアッププラグイン
「BackWPup」の使い方を詳しく解説していきます。

 

この「BackWPup」の使い方をマスターすれば、
WordPressのデータが消し飛ぶ事になっても、
落ち着いて対処ができるはずです。

 

「BackWPup」で、WordPressのバックアップ

まず、サイトのSSL化をする前にバックアップを取る必要があります。

 

SSL化に失敗して、全部のデータが消えた人もいるので、
万が一に備えて、面倒でもバックアップは行ないましょう。

 

 

今回使用するのは、「BackWPup」という
WordPressのバックアッププラグインになります。

 

一応、「Xサーバー」でサーバーを契約してある前提で話を進めますので、
それ以外のサーバーの方は、手順が異なる事を了承下さい。

 

 

「BackWPup」のインストール

バックアップを取るWordPressのダッシュボードに入って下さい。

 

「プラグイン」「新規追加」をクリックし、
右上に「BackWPup」と入力して、「今すぐインストール」をクリック

 

「有効化」をクリック

 

 

「BackWPup」の使い方(各種設定)

「BackWPup」の「新規ジョブを追加」をクリック

 

 

一般

一般の「このジョブの名前」には好きな名前を付けて下さい。
ここでは「バックアップ」と名付けます。

 

「ジョブタスク」と「アーカイブ名」はデフォルトのままでOKです。

 

 

「アーカイブ形式」は、デフォルトの「Zip」でOKです。

 

「バックアップファイルの保存方法」は、
「フォルダーへバックアップ」をチェックして下さい。

 

「変更を保存」をクリック

 

 

スケジュール

このバックアップを手動ではなく、自動で行なうには設定が必要です。

 

スケジュールから「WordPressのcron」をチェックする。

 

スケジューラーで「毎月」をチェックして、
「変更を保存」をクリック

 

 

DBバックアップ

DBバックアップは、何もイジらなくてデフォルトでOKです。

 

 

ファイル

ファイルも、何もイジらなくてデフォルトでOKです。

 

 

プラグイン

プラグインも、何もイジらなくてデフォルトでOKです。

 

 

宛先:フォルダー

宛先:フォルダーでは、「ファイルを削除」を「4」(4 ヶ月分)にします。

 

「変更を保存」をクリック

 

 

「BackWPup」でバックアップを実行する

設定が終わったので、「BackWPup」→「ジョブ」とクリックし、
先ほど設定したジョブで「今すぐ実行」をクリック

 

バックアップが完了するので、「閉じる」をクリック

 

「BackWPup」「バックアップ」とクリックし、
先ほどバックアップを実行したジョブで「ダウンロード」をクリック

 

 

これでWordPressのバックアップを自分のPCにダウンロードできました。

解凍すると、次のようなファイル群になっています。

 

 

WordPressの復元作業

上記の手順通りにやれば、バックアップは取れているはずです。

 

サイトのSSL化がうまくいけば、この復元作業は不要となりますが、
どのような手順で復元するのかを確認しておきましょう。

 

 

サーバー上のファイルデータを復元する

バックアップしたファイルデータを「FFFTP」などのFTP ソフトを使って、
サーバーにある、復元させたいドメインの「public_html」にアップロードします。

 

基本的に全てのファイルをアップロードするのですが、
「backwpup」で始まるファイル、「manifest.json」などは不要です。

 

 

データベースのデータを復元する

サーバー上のファイルデータは復元できたので、
あとは「phpMyAdmin」を使って、データベースの復元作業を行ないます。

 

「phpMyAdmin」は、レンタルサーバーでデータベースを管理し、
WordPressなどのサーバー専用の「SQL」を操作できるツールです。

 

 

では、Xサーバーのサーバーパネルにログインして下さい。

Xサーバーのサーバーパネル
https://www.xserver.ne.jp/login_server.php

 

 

「ログイン」をクリック

 

「phpmyadmin(MySQL5.5)」をクリック

 

ユーザー名とパスワードを入力し、「ログイン」をクリック

 

ユーザー名:MySQL データベースのユーザー名(DB_USER)

パスワード:MySQL データベースのパスワード(DB_PASSWORD)

 

 

上記のデータは、WordPressの「wp-config.php」に記載されているので、
「notepadで開く(1)」で、確認する事が可能です。

 

「phpMyAdmin」に、ログインできましたら、
左側の「データベースのユーザー名」をクリックする。

 

「インポート」をクリック

 

「ファイルを選択」から、バックアップしたSQLファイルを選択し、
「実行する」をクリック

 

容量オーバーで、アップロードできない場合は、
「zip」形式に圧縮してアップロードすれば、問題ありません。

 

 

復元したWordPressの動作確認

ブログが正常に表示されないなど、トラブルがあった場合は、
まず、ブラウザのキャッシュを削除してみて下さい。

 

プラグインの不具合の場合は、面倒ですが、
プラグインの再インストールで改善する事もあります。

 

 

まとめ

今回はWordPressのバックアッププラグイン
「BackWPup」の使い方を詳しく解説しました。

 

「バックアップのやり方はわかっても、復元の仕方がわからない」
という方も多いです。

 

ですから、今回はそのあたりも網羅しましたので、
サイトのSSL化を行なう前に、参考にして下されば幸いです。

 

 

とりあえず、早い段階でSSL化をする事を強く推奨します。

 

じゃないと、後で泣きを見ます(笑)

 

では、また。

 

既存のWordPressサイトをhttpsにSSL化した方法!初めての方は必見

既存のWordPressサイトをhttpsにSSL化した方法!初めての方は必見

最近、よく聞く「サイトのSSL化」ですが、面倒くさくてやってない方も多いと思います。かく言う私もその一人です(笑)いつかやらないといけないのは、わかっているけど ...

投稿 2017/10/30

 

SSL化したら謎の「このページは承認されていないソースからのスクリプトを読み込もうとしています。」

SSL化したら謎の「このページは承認されていないソースからのスクリプトを読み込もうとしています。」

サイトをSSL化したら、次のような謎の表示が出現しました。「このページは承認されていないソースからのスクリプトを読み込もうとしています。」特に、何も怪しい事はし ...

投稿 2017/11/22