物撮りはスマホで十分!アフィリエイト商品のレビュー写真の撮り方

アフィリエイト商品のレビュー写真を撮る場合、
一眼レフカメラや高級コンデジを使っている方は多い。

 

確かに、綺麗な写真が撮れるのだろうけど、
お金がないからアフィリエイトを始めた初心者に、
いきなり、高いカメラの購入は推奨しません。

 

 

やはり、最初は「スマホを使った物撮り」で良いのではないでしょうか?

 

スマホだったら、だいたいの方が持っているはずなので、
余計な出費も不要です。

 

アフィリエイトの商品写真は超重要!

「たかが商品写真なんて、どうでもよい」

 

あなたは、そんなふうに思っているかもしれません。

 

しかし、商品写真は記事を読むかどうかや
あるいは、その商品を購入するかどうかに至るまで、
読者に強い影響を与える重要な要素なのです。

 

 

よく、キャッチコピーを少し変えただけで、
売上が3倍になったという話がありますよね?

 

あれと似た感じで、写真の撮り方次第で、
読者にどういう印象を与えるかが丸っきり変わってくる。

 

ですので、ここで写真の撮り方について

勉強しておきましょう。

 

 

カメラ撮影は、明るさが大事

全体的に「暗い写真」と「明るい写真」があった場合、
どちらの方が印象が良いでしょうか?

 

おそらく、「明るい写真」の方が好印象だと思います。

 

ですので、スマホのカメラ撮影は「明度」を上げましょう。

 

 

撮影時にも上げる事ができますが、
後から、スマホの編集で「明度」を上げる事が簡単にできます。

 

そして、レフ版で光を回り込ませて、
影が出ないようにするのも明るい印象を与える。

 

 

カメラ撮影時の背景ぼかし術

まず、ぼかすなら商品から遠くに背景を用意します。

 

机の上などに、商品を縦置きして、
横から写真を撮る場合、背景は壁になりますよね?

 

だったら、机を手前に持ってきて、
壁(背景)との距離を広げて写真を撮りましょう。

 

 

あとは、縦置きできない商品なら、
床や机に寝かせておき、その下にプラスチックの半透明の板や
サテンの布などを敷きましょう。

 

それだけで、商品が際立つ写真が撮れます。

 

 

スマホのカメラ撮影で、ボケないようにするには?

ボケやブレを防ぐのに、最強なのは「三脚」を使う事です(笑)

 

それが無理なら、机や床などに、
自分の手を固定させて写真を撮るのも、
物撮りのボケやブレ防止のテクニックとして有効。

 

あとは、上記にタイマー撮影を追加すれば完璧です。

 

 

写真撮影では、垂直や水平が重要(グリッドの表示)

写真撮影では、歪まないように「垂直」「水平」が重要です。

 

例えば、床と壁の間には水平線が見えますよね?

 

部屋の四隅では、壁と壁の間に垂直線が見えます。

 

 

これらに、平行に商品やカメラの縁を合わせると、
綺麗な写真が撮りやすい。

 

その際ですが、スマホカメラのグリッド表示が役に立つ。

 

もちろん、あえて斜めに写真を撮るというのもある。

 

 

物撮りにディフューザーを使って、写り込みや反射を抑える

光を柔らかくするアイテムとして、「ディフューザー」があります。

 

 

これが用意できなければ、布団用の白いシーツで代用が可能です。

 

例えば、スマホ本体を撮影する場合、
最近は、反射するようなボディになっているので、
「ディフューザー」が役に立つ。

 

「ディフューザー」の裏に隠れて、隙間から写真を撮れば、
写り込みは、最小限に抑えられます。

 

 

最終手段「物撮り撮影ボックス」の購入

どうしても、うまく写真が撮れない場合は、
最終手段となりますが、「撮影ボックス」の購入を検討しましょう。

 

毎回、組み立てて使う必要があったりするので、
出し入れが面倒くさいですが、効果は抜群です(笑)

 

私は以下の「撮影ボックス」を購入しました。

 

 

「物撮り」の背景には、100均が大活躍

「物撮り」の背景にアクセントが欲しい時は、
100均を利用しましょう。

 

 

  • フォトフレーム
  • 文字
  • 造花
  • 人工芝
  • ヒトデや貝殻の作り物
  • ケーキのレースペーパー
  • 画用紙
  • ラッピングペーパー

 

上記のアイテムを加えるだけで、全く印象が違ってきます。

 

 

スマホカメラでの「物撮り」には、構図も重要

写真を撮る時に、気を付けるのは「構図」です。

 

単純に、写真の真ん中に商品を配置するだけではありません。

 

それは、「日の丸構図」と呼ばれる。

 

そして、他にも「構図」はたくさんあります。

 

  • 三点分割法
  • 三分割構図
  • 二分割構図
  • ななめ構図

 

上記の「構図」を意識した撮影をすれば、
写真の雰囲気がだいぶ変わってきます。

 

 

同じ商品をいろいろな撮り方をしてみました

全て同じ商品(ナチュラルゲルクリーム)ですが、
写真の撮り方で、大きく印象が変わっています。

 

下記に写真実例を載せますので、

どんな印象を受けるか考えてみましょう。

 

 

斜め45度の板にリメイクシートを貼って、
それを真正面(板に平行な角度)から撮りました。

 

 

商品を縦置きして、横から撮りました。

 

 

フォトフレームを使って、真上から撮りました。(横向き)

 

 

フォトフレームを使って、真上から撮りました。(縦向き)

 

 

まとめ

スマホカメラに限らず、写真撮影は奥が深い。

 

今までは、高いカメラを使えば綺麗な写真が撮れると思ってましたが、
そうではないとわかりました。

 

どんなに高いカメラでも、正しい写真撮影のスキルがないと、
宝の持ち腐れになります。

 

 

本当に、工夫次第でどうとでも見せる事ができる。

 

垂直と水平を意識しただけでも、
写真の出来栄え(印象)が全然違うのにはビックリしました。

 

 

アフィリエイトの商品レビューの場合、
商品写真の与える印象によって、成約率まで変わってきます。

 

決して、軽んじてはいけない要素なのは間違いありません。

 

今回の記事を参考に、スマホカメラでいろいろとやってみて下さい。

オウンドメディアの無料メルマガ講座はこちら↓

私が毎月100万円稼ぐ秘密を教えます