マーケティング戦略「3C」と「4P」とは?誰に何をどのように売るのか

マーケティング戦略で、「3C」「4P」という言葉が登場します。

 

「何だ、それは?」

 

となるのが普通です(笑)

 

 

マーケティングという言葉ですら、よく耳にするにも関わらず、
ちゃんと説明できる人は少ないと思います。

 

今回は、マーケティングの基本について、
説明をしていきますね。

 

「マーケティング」とは?

「マーケティング」とは、商品がより多くかつ効率的に売れるように、
市場調査・製造・輸送・保管・販売・宣伝などの
全般にわたって行われる企業活動の概念。

 

つまり、一言で言うなら「企画販売戦略」の事です。

 

 

マーケティング戦略の「3C」とは?

自社のマーケティング戦略が間違ってないかを
客観的に判断するのに、「3C分析」を使います。

 

現在の自社の状況を把握するのに必要になる。

Customer:市場・顧客

Competitor:競合

Company:自社

 

 

customer(市場・顧客)

自社の製品やサービスを利用する見込み客はどのような人なのか、
ペルソナを洗い出していきます。

 

利用客数や地域性も考え、今後の「市場の将来性」についても考えていく。

 

 

competitor(競合)

本当の競争相手はどこなのか?

 

また、その競合他社の商品はどのようなものなのか?

 

 

company(自社)

自社商品のブランドイメージと、
売上高や業界でのシェアなどを把握する。

 

 

マーケティング戦略の「4P」とは?

「3C分析」も終わったところで、
本格的に戦略を改善していくのですが、
そこで「4P分析」を使います。

 

Product(製品):商品・サービス

Price(価格):値段

Promotion(販促):広告などを含む広い意味でのセールス

Place(流通):販路

 

上記の「4P分析」を使い、自社と競合相手で徹底的に比較して、
劣るところは、改善を行ないます。

 

 

Product(製品)

商品やサービスについて、競合他社との比較を行ない、
検討していきます。

 

・見込み客は、どのような商品を求めているのか?

・そのニーズにマッチした商品なのか?

・売れている競合他社の商品の特徴を把握する

・自社の商品の強み(売り)を把握する

・自社の商品を、今後どのような商品にしていきたいのか?

 

 

Price(価格)

適正価格かどうかもありますが、競合他社と比べてどうかも
確認する必要があります。

 

・見込み客が妥当と思える価格か?

・競合他社の価格と比べてどうか?

・ターゲット層の収入から考えて、払うのに無理のない価格か?

・採算が取れる価格なのか?

 

 

Promotion(販促)

あとは、販売を促進する活動を行ないます。

 

見込み客を集めるには、
商品を広く知ってもらう必要がある。

 

・どのような方法で見込み客に商品の事を知ってもらうか?

・見込み客がよく利用する媒体は何か?

・どのくらいの期間、広告を掲載するか?

・赤字にならない範囲の広告費用か?

・競合他社はどの媒体に広告を出しているか?

 

 

Place(流通)

スムーズに見込み客へ商品が渡るように、
どのような場所で流通させるのかを決めます。

 

例えば、自社倉庫から直接に購入者へ宅配するのか、
それとも、販売店の方に在庫を持たせてそこから宅配するのか?

 

受注販売のスタイルなのか、それとも先に商品を大量に作っておいて、
そこから販売するスタイルなのか?

 

それらを踏まえておかないと、
後で、在庫がないなどのトラブルになります。

 

・見込み客は、どこで商品の情報を得るのか?

・商品をどこで売るのか?

・誰が商品を売るのか?

・大量に発注されても、遅延なく配送できるか?

・競合他社は、どのような流通戦略を用いているのか?

 

 

マーケティング戦略は難しい?

確かに、マーケティング戦略は難しく感じたかもしれません。

 

しかし、「商品が売れる仕組み」を作る為のポイントは、
下記の3つに集約されます。

 

「誰に・何を・どのように」

 

これが、マーケティング戦略の全てとも言えるでしょう。

 

 

ただし、これだと逆に抽象的すぎるので、
「誰に・何を・どのように」だけではなく、
先程の「4P分析」を組み合わせて考えていきます。

 

【マーケティング戦略の要点】

・どんな顧客に

・どんな製品を

・どのような価格・流通・プロモーションで提供するか

 

 

まとめ

マーケティング戦略の「3C」と「4P」について解説し、
最終的には、「誰に何をどのように売るのか」というのが、
マーケティング戦略なのだと解釈しました。

 

マーケティングという言葉は、難しい言葉ですが、
何となくは理解できたのではないでしょうか?

 

 

それで、ここからさらに話がややこしくなるのですが、
どうやら、最近は「誰に何をどのように売るのか」ではなく、
もうひとつ、マーケティングで重要な要素があるようです。

 

それについては、次回の記事で書きますね。

 

「誰に・何を・どのように」はもう古い?もうひとつの重要な要素とは

「誰に・何を・どのように」はもう古い?もうひとつの重要な要素とは

前回の記事で、マーケティングは「誰に・何を・どのように」に集約されると説明しました。しかし、「誰に・何を・どのように」はもう古いと言われている。最近、重要視され ...

投稿 2017/06/17