セブン-イレブンの100円生ビールに隠された戦略とは?真の目的を暴く

セブン-イレブン7月17日(火)から、
一部店舗の店頭で生ビールを発売するようです。

 

しかも、生ビールがなんと1杯93円からという
居酒屋が真っ青になる価格設定です(笑)

 

  • Sサイズが93円(税込み100円)
  • Mサイズが176円(税込み190円)

 

 

度肝を抜かれる安さ!

 

今回は、このセブン-イレブンの
100円生ビールに隠された戦略を読み解いていきます。

 

セブン-イレブンの生ビールの種類

レジ横にビアサーバーが設置され、
ビールの種類は「キリンの一番搾り」になります。

 

この「キリンの一番搾り」が嫌いという方には出会った事がないので、
万人受けするビールだと思います。

 

 

セブン-イレブンの生ビールのキャチコピー

「ちょこっと飲んで、今日も幸せ。」というキャッチコピーで、
ちょい〈生〉として売り出していく。

 

主なターゲットとしては、仕事帰りのサラリーマンやOLでしょうか?

 

それとも、まさか、
昼間から酒を飲む主婦をターゲットにしているのか?(笑)

 

 

セブン-イレブンが仕掛ける、100円生ビールの戦略とは?

セブン-イレブンがどういう事を狙って(戦略)、
この生ビールを販売するかわかりますか?

 

当たり前ですが、激安なので生ビールの収益は、
そこまで期待できないわけです。

 

つまり、ついで買いを誘発する「戦略」です。

 

 

生ビールだけで飲むのは寂しいわけで、
何か「つまみ」なども欲しくなりますよね?

 

また、他の日用品なども来店した「ついで」に買ってもらう事も、
狙っているはず。

 

 

そこで儲けようというのが、セブン-イレブンの仕掛ける
今回の激安生ビールの「戦略」になります。

 

要は、今回の激安生ビールは、
「客寄せパンダ」の役割です。

 

このあたりを読み解く事ができるようにならないと、
ビジネスを成功させるのは難しいと思います。

 

 

まとめ

セブン-イレブンの100円生ビールに隠された戦略を暴いてみました。

 

明らかに、安すぎる価格設定の裏には、
必ず、何か目的があります。

 

「目的」を達成する為に、「戦略」があり、
戦略を履行する為の手段として、「戦術」があります。

 

 

「戦略」と「戦術」については、以下の記事を読んで下さい↓

 

 

普段の生活の中で、当たり前に、
「仕掛ける側の視点」に立つ事を意識してみましょう。

 

そうすれば、どんな目的があって仕掛けているのか、
手に取るようにわかるようになります。

 

 

この思考のトレーニング方法については、
こちらの記事を読んでみて下さい。