アドセンスで芸能人の画像を無断使用!著作権やパブリシティ権の侵害

よくあるのが、トレンドブログでアドセンスを貼っていて、
アニメの画像や芸能人の画像などを無断使用して、
ペナルティを受けたという話。

 

当然と言えば、当然の結果だと思います。

 

これらは、「著作権」「パブリシティ権」の侵害に当たるからです。

 

 

今回は、「著作権やパブリシティ権の侵害」について書きます。

 

「著作権」や「パブリシティ権」の侵害

さて、「著作権やパブリシティ権の侵害」の代名詞と言えば、
トレンドブログではないでしょうか(笑)

 

特に、画像の無断使用による
「著作権やパブリシティ権の侵害」については、
権利者に訴えられたら、まず勝てないと思います。

 

「著作権」とは?

「著作権」とは、言語、音楽、絵画、写真などの表現によって
自ら創作した著作物の財産的な権利の事です。

 

著作権のある著作物を著作権者の許諾を得ないで
無断使用すれば、著作権侵害となる。

 

 

「著作権」の侵害は犯罪です。

 

被害者である著作権者が告訴する事で、
侵害者を処罰する事ができる(親告罪)

 

【罰則】
10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金

 

アニメや漫画のキャラなどの画像が勝手に使われており、

「著作権」の侵害に当たります。

 

「パブリシティ権」とは?

「パブリシティ権」とはタレントやアーティストやスポーツ選手など
有名人の氏名や肖像を財産的に利用する権利の事です。

 

“人格権”の一部と言われているので、
馬など動物は、その対象外となる。

 

肖像は、企業や商品などの宣伝広告に用いられると、
顧客を吸引し、商品価値を高めるなどの経済的価値を生み出す。

 

 

これらの経済的価値があるものを、無断使用すると、
「パブリシティ権」の侵害となります。

 

芸能人の顔写真などの画像が勝手に使われており、

「パブリシティ権」の侵害に当たります。

 

大手サイトも画像の無断使用してるから問題ないのでは?

それで、画像の無断使用を平気で
実践している連中の言い訳として、

 

「Yahoo!ニュースも、同じようにやってるから大丈夫」

 

こんなアホな事を言います。

 

 

確かに、「Yahoo!ニュース」も、
画像の無断使用を行なっています。
(逃げ道として引用という事にしている)

 

 

でも、ですよ。

 

ヤフー株式会社は大手企業です。

 

ですから、一流の弁護士を抱えている。

 

そんな力のある会社を訴えてやり合うのは、分が悪いと判断して、
権利者から見逃してもらっているだけですよ。

 

 

それをわきまえずに、「Yahoo!ニュース」も、
画像の無断使用を行なっているんだから問題ない
という判断をするのは浅はかとしか言いようがない。

 

一個人が相手なら、権利者が訴えたら楽勝で勝ちます。

 

しかし、規模が小さいと見せしめにもならないから、
今の所は、見逃してもらっているだけという状況を理解しましょう。

 

画像の無断使用はリスクが大きい

画像の無断使用は、想像以上にリスクが大きいです。

 

例えば、芸能人の画像を無断使用して、
明らかに報酬を上げる為に、利用したと判断されれば、
多額の損害賠償請求されて、人生が終わるかもしれませんよ。

 

損害賠償請求だけではなく、
その画像の無断使用で得た報酬も没収される可能性もある。

 

トレンドブログを実践している方は、
そのあたりのリスクを、きちんと理解しているのかな?
と疑問に思います。

 

 

他にも、例えば、
アニメの画像を勝手に無断使用しているブログがありますよね。

 

そのブログにはアドセンスが貼ってある。

 

もし、その画像の権利者がアドセンスの広告主となっていた場合、
Googleに対して文句を言えば、そのブログは圏外に飛ばされ、
アドセンスアカウントは剥奪されるかもしれない。

 

Googleにとっては、広告主がお客様だから、
絶対にそちらの意見を聞き入れるわけです。

 

まとめ

もし、トレンドブログをやるつもりならば、
画像の無断使用は絶対にやめておきましょう。

 

他のブログはペナルティを受けてないから大丈夫
という理屈も通用しないと思って下さい。

 

 

ただ単に、運良く見逃してもらっているだけだと認識しましょう。

 

権利者から見せしめで、訴えられたら、
本当に人生が終了する可能性がありますよ。

 

メルマガ登録はこちら↓

オウンドメディアで戦略的アフィリエイト